ヒグチケイコ 『passing and longing and there is only a trace left / 過ぎしも愛しもただ跡だけが残り』 CD

¥ 1,500 SOLD OUT

*Tax included.

*Additional shipping charges may apply, See detail..

About shipping fees

The shipping fee for this item varies by the shipping method.
  • クリックポスト

    荷物追跡に対応しています。ポストに投函されます。

    Shipping Fees are the same all over country inside Japan 300JPY
e-mail
Report

ヴォーカリストのヒグチケイコと、ピアニストの神田晋一郎の2人によるオリジナルに加えアントニオ・カルロス・ジョビンから武満徹までを取り上げた異色の歌曲集!

▼即興からジャズまで幅広くこなすヴォイス・パフォーマー/ヴォーカリストのヒグチケイコ。同じくジャズ、ポップスからアヴァンギャルドに至る分野で多彩に活動するピアニスト/作曲家の神田晋一郎。このふたりは2010年にデュオCD『種子の破片』 (Bishop Records) をリリースしており、本作は実に7年ぶりのデュオ第二作となる。
シコ・ブアルキ/アントニオ・カルロス・ジョビンの「Sabia」、ベルトルト・ブレヒト/クルト・ヴァイルの「Love Song」、コレット・マニーの「Rock Me More and More」、ブルーノ・ブリゲッティ/ブルーノ・マルティーノの「Estate」、谷川俊太郎/武満徹の「三月のうた」、ジャズ・スタンダード「Lover Man」、日本の伝統曲「黒髪」に、ヒグチと神田の共作2曲、即興による小品4曲を加えた全13曲。これほど広範囲な選曲にもかかわらず、演奏全体を包み込む終始一貫した音楽性は驚くべき。情念的でひたむきなヒグチの声そして歌と、心にやさしく染み入る情緒的な神田のピアノとの融合がもたらした傑作。

(新譜案内より)