安部慎一短編集2『きつねにばかされた女』 | gallery HAKUSEN online shop | ギャラリー白線

1/5

安部慎一短編集2『きつねにばかされた女』

¥ 500 tax included

SOLD OUT

Shipping fee is not included. More information.

2016年夏の中央線四箇所合同「安部慎一展」より
安部慎一の短篇6本とインタビューを収録した小冊子。

【収録作品】
炭鉱情話 キツネにばかされた女
迫真の美を求めて
野の行為


父(ヤツ)
安部慎一最新インタビュー第二部(2016年7月19日収録)

A5判 64ページ
編集・デザイン 浅川満寛
発行 ギャラリー白線

【作家情報】
安部慎一(あべしんいち)
1950年 福岡生まれ。
永島慎二、つげ義春や林静一の影響を受け、1970年「やさしい人」で「ガロ」からデビュー。翌年、中央線沿線の阿佐ヶ谷を舞台に、後に妻となる美代子を主人公にした短篇「美代子阿佐ヶ谷気分」が人気となり活躍するも、80年代に入り、新興宗教にはまり、続いて統合失調症を発症、活動は停滞。しかし、この間“アベシン”が狂気と正気の狭間で描いた「僕はサラ金の星です!」を、90年代に入り、根本敬がコピー手製本し、タコシェで立ち読み用に公開したり、雑誌”クイックジャパン”の連載「消えたマンガ家」で大泉光成に取材され、再評価の機運が高まり、二人の息子がロックバンド”スパルタローカルズ”として活動を始めたことも話題となり、21世紀に入り著作の復刊、単行本化が続き、生ける伝説として活躍中!!

Add to Like via app
  • Shipping method / fee

  • Payment method

¥ 500 tax included

SOLD OUT

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品